タカギ工務店の庭創り

「外周りまでして、家つくり。外構屋さんからみた家つくりの目線」

家を建てようと考えているとき、後回しにしがちな外周り。

 

優先するのは、もちろん住居ですが、家の間取り決めるように敷地の間取りもちょっとだけ考えてみませんか??

車庫やカーポートを建てる場所、ガーデニングや家庭菜園をするスペースや、土のついた野菜を洗ったり洗車をするときの水道、来客を一番に迎える門やアプローチであったり。

 

「外周りまでして、家つくり」なんて言いますが、家の外周りって何気ないことですが生活の一部だったりして、実際に住み始めてみると大切な事だと気づくんです。

 

だからこそ私たちは、家を建てる前の造成の段階から外周りについてもご施主様と一緒に考えたいのです。

 

私たちは、外構のデザインと使い勝手を考慮して「家造りを外周りから考える」言わば、造成工事も行う外構工事業者です。

 

たとえば、家を建てると決まったとき、家を建てるための地盤の強固な造成をして、建築工事が始まり新築が完成して外構工事を始めたら、せっかく埋め立てをして造成した場所を掘削して土を持ち出して今度は別の庭用の土を入れなくはなりません。各工事業者がバラバラだと、こういう「無駄」なことが実際にはよくあります。

 

家を造る計画の段階で、お庭の計画についてあらかじめ目途を立てておけば、造成工事のときに、家が建つ場所は地盤の強固な造成をし、庭を予定している場所には庭用の土を入れておくことができます。

 

余計な手間がなくロスが少ないですよね。もちろん工事費にも影響はあるでしょう。

家を建てたはいいが、敷地の奥に庭を造りたかったのに通路が狭く重機が入らなくてイメージ通りの庭ができなかった・・・ なんてことではだめなんです!

 

人生における大きな買い物であり、生涯そこで暮らすであろう新居です。私たちはまずその第一段階である造成部分と、一番最後の外構工事についてをご施主様のライフスタイルについてしっかりとヒアリングを行い、理想の家つくりのお手伝いをさせていただきます。

 

造成時の土留めは、後の外構工事の時にフェンスの設置ができたりブロック塀を造れる仕様にしたり、土の種類を用途に分けて埋め立てたりすることができます。

 

家つくりの一番最後の仕事をする外構屋だからこそわかること、できることがあります。だから私たちは、造成工事もする外構屋として 「はじめに、こうしとけばよかったね」ってならないように「はじめから、こうしときましょう!」と、アドバイスをさせていただきたいと願っています。

 

皆様の家つくりのお役に立てるよう、「家つくりを外周りから考える」それがが私たちのスタンスです。


ページの先頭へ