6月23日 本流アマゴ釣り

2013年07月06日(土) けんじ

日中用事があったので、鮎はできず、早朝に少し飛騨川に本流釣りに行きました。
少し前に、増水した後だったので尺に期待しましたが、前に釣った場所では反応なし。移動して、瀬や淵がいくつか続いているところでやりました。

瀬では、一向に釣れません。淵の頭から少し開いたところでやっと反応がありました。やっぱりここに居ました。
頭はウグイか、いても小さいアマゴです。年配のアマゴは、険しい流れより落ち着いた緩いところを好むようです。

22cmくらいですが、大きさの割に良く引きます!本流の魚は良く引くので面白いです。
ここで2尾釣って粘っていると、尺らしきあたりが!竿をためたところでぽんっ!とラインがはじかれました。強烈な当たりだったので0.4が切られたか?と思いましたが針が外れてしまいました。
「いるいる」いるとわかると、ワクワクしてやる気がでるんですよね!次は絶対獲ってやろうと意気込みます。

結局同じ場所で次はなかったので、上の淵に移動して何尾か釣りました。
居れば絶対食ってきます。それをいかにものにできるかです。カワムツが一目散に食ってくるところにはいません。本流釣りを初めてまだ間もないですが、アマゴの気配がわかってきました。
今年は、真夏にどんなアマゴが釣れるか釣れないか試してみようかな。
竿:刀9.0 天井:0.6 ハリス:0.4 オモリ:3B~4B ハリ:7~8号 エサ:ミミズ、ガイムシ

コメントは受け付けていません