4月13日 宮川下流

2013年05月12日(日) けんじ

今年は何かと忙しく、地元の川にも行けずうずうずしていました。そこで、いろいろ情報収集するうえで気になる川がありました。解禁当初から本流で釣れる。しかも、魚が大きい。

宮川下流です。どうも、小継竿を振るのは性に合わないので久々の休み本流竿を振り回しに早速行ってみました。いつがベストシーズンなのかもわからず、とりあえず行ってやってみなきゃわからん!ということで、出発したものの以外に遠い・・・早朝に着くつもりが、8時に着きました。川を見ると、雪代ですごい水量です。ポイントを探し回ってみていると、さすが本場です。フライやルアーマンが多いこと。エサ釣りは、ちらほら。見るからに、この水量ではエサでどうやって釣っていいか悩むくらいでした。

とりあえず、事前に調べていたポイントが空いていたのでやってみることに。ミミズを付け、瀬の流れの筋は速すぎて無理そうなので、その脇の緩い流れを流してみました。緩すぎて、こんなところで釣りが成立するのか?と思いつつも流してみると、一投目できました。9寸位のイワナでした。

さすが本場!一投目でくるなんてすごい!と驚きました。同じところを何どか流すと、テンポよく釣れます。7寸くらいのイワナやニジマスです。ニジマスでもばかになりません。ヒレピンでよく引くこと。7寸くらいなのに9寸のアマゴ並の引きです!飛び跳ねるし、病み付きになりそうです。

そんなこんなでニジマスを堪能しているうちに、パターンが読めてきましたが、ただ、浮石が多いので根掛かりが半端ない。それから、石にコケが多く針が引っかかります。ダムで水量を管理している川なので、とがった石が多く石の隙間が大きです。友釣りも面白そうな川ですが、これも根掛かり心配。テクニックが要する川です。

何匹か釣ったあと、ヤマメもきました。人生初ヤマメです。ヒレピンの8寸くらい。アマゴより凛々しい感じ!でもアマゴの方がベッピンさんな気がしました。でもきれいですね。この時期から体高のあるヤマメが釣れてうれしい限りです。

一通り釣って、お昼前後は魚の反応がなかったので、休憩してポイントを開拓しながら周り夕方に少し釣りをして終わりました。ちょうど10匹。時速3匹くらいです。朝早く着ていればもっと釣れたでしょう。

雪代で水量は半端ないし水は冷たいですが、でも釣れる!魚の活性の高さには驚かされました。頼もしい川です。また、来ようと思う川でした。次回は、雪代が収まり水量が安定した時に来てみよう。

竿:シマノ 刀 90 ハリス:天井通し0.6号、0.8号 オモリ:4B~6B ハリ:7~8号 エサ:ミミズ、クロカワムシ

 

コメントは受け付けていません